法人概要

概要

理念「安心を創る」 私達は、弱い立場の人々が地域社会において自立生活を図る支援を行い、福祉の充実、町づくりの増進に寄与することを目的とします。

所在地 奈良県橿原市十市町122-2
電話番号 0744-24-1515
FAX 0744-24-1151
E-Mail hidamrifureai@nifty.com
理事長 吉田 壽子(よしだ としこ)

定款

役員等名簿

役員報酬規程

事業内容

  • 就労継続B型  ひだまり
  • 生活介護Ⅰ あさひの
  • 生活介護Ⅱ ひだまり
  • グループホーム みんたる
  • グループホーム はるひの
  • グループホーム あららぎ
  • グループホーム さんきら
  • グループホーム さくらば
  • 日中一時支援 ひだまり
  • 短期入所  さくらば

沿革

平成6年4月~平成15年3月 無認可福祉作業所としての活動
平成14年 9月 社会福祉法人橿原ふれあいの里福祉会設立、認可
平成15年 4月 知的障害者通所授産施設ひだまり開所 知的・身体障害者ディサービス開所
平成17年 10月 グループホーム「みんたる」開所
平成19年 4月 ディサービス事業が生活介護「あさひの」に移行
平成20年 4月 日中一時支援スタート
平成22年 3月 「知的障害者通所授産施設ひだまり」が多機能型に移行(就労B型・生活介護)
平成22年 8月 清水基金助成金を受けカフェ「ソレアード」誕生
平成24年 6月 クループホーム「はるひの」開設
平成24年 10月 全日本自動車産業労働組合総連合会より送迎用福祉車両(トヨタ・エスティマ)の寄贈を受ける。
平成25年 2月 指定特定相談支援事業スタート
平成26年 6月 グループホーム「あららぎ」開所
平成26年 7月 グループホーム「さんきら」開所
平成28年 3月 作業棟「ぷろっぷ」を新築
平成28年 3月 カフェ「ソレアード」の増築 奈良県産木材使用(平成27年度、公共建築物木造・木質化推進事業における補助金申請)
平成28年 5月 グループホーム「さくらば」開所

 

平成30年度事業報告

【事業の総括】

平成30年度は、前年度に引き続き、利用者の人権侵害、福祉ニーズへの積極的対応、人材育成、ストレス対策、危機管理意識徹底等を重点課題として取り組み、施設内外の研修を増やし、達成に力を注ぎました。昨年度と同じく人材の確保に困難を極め、常に現場における人材不足対応に追われました。
また、施設、グループホームにおける時間外労働未払いの指摘が行政機関よりあったため、労務士とともに調整と改善を進めました。早急の改善が必要であったため、派遣社員の雇用以外の手だてが見つからず、結果、人件費予算をオーバーしたことは大きな反省点です。
次年度から実施される「働き方改革」を視野に入れるとともに、堅実な業務の遂行について考えさせられた1年でもありました。

 

①   基本姿勢について

利用者の意向を尊重して、利用者本人が希望する暮らし方への支援を目標に取り組みました。また、虐待の早期発見については、虐待を疑われるキズ、アザを発見し、行政へ通報した事例が1件あります。(自宅から施設への通所利用者)。虐待件数の内容については、身体、精神の障害に比べて知的障害者、発達障害者への虐待が何倍も多いため、今後も大事に至らず未然に防げるよう注意深く見守っていきたいと考えます。
福祉作業所から一緒に活動した仲間が40代、50代と年を重ね、又、その両親が70代から80代へと高齢期を迎えています。本人が誰とどこで暮らしたいのか、最後まで希望する暮らしとは何か、障害者の権利に関する条約のスローガンである「私達のことを私達ぬきで決めないで」(Nothing about us without us)を日々の支援に結び付けて行かなければなりません。
「かけがえのない命」を尊重し、権利擁護における利用者の意思決定支援の意味と意義を考え続けていかなければならないと思います。

 

②   職員の資質および支援技術向上のための研修参加について

研修内容 場 所 参加人数
5月 初任者研修   2人
6月 初任者研修   1人
7月 全国知的障害者関係施設長等会議 東京国際フォーラム   2人
 〃 施設外研修(大阪市・自彊館見学) 大阪市西成区   全員
10月 奈良県障害者虐待防止・権利擁護研修 社会福祉総合センター   2人
1月 障害者支援施設部会全国大会 岩手県盛岡市   3人
3月 発達障害連絡会議 郡山総合庁舎   1人

 

③   地域貢献の取組

8月に開催した夏祭りに於いては、はじめての試みとなった「移動動物園」を中心に模擬店など盛りだくさんのメニューを準備したため地域の人に楽しんでもらうことができました。昨年、減少気味であった参加者も倍増し、1日中、来場者が途切れることがありませんでした。「移動動物園」は、大人から子供まで楽しむことができ、特に近隣の幼稚園や保育所、児童施設の子供たちが動物と触れ合ってはしゃぐ声が、とても印象的でした。終わったあとも、「来年は来るの?」「今度、いつ来るの?」と尋ねられました。

 次年度もたくさんの人に施設に足を運んでいただき、施設を知っていただき、相談し合い、応援し合える仲間を増やしていける取組を展開していきたいと思います。

 6月には、市内小学校人権教育の一環としてPTAの施設見学がありました。見学は、法人設立後10年以上続くもので、施設と地域小学校のかけ橋のような見学となっています。

施設、作業現場、グループホームを見学したあと、各部署の担当者が日々の仕事の内容を説明し、パンの販売にも協力をいただきました。外部の人に、施設の概要、障害をもった人達の生き難さについて、理解が得られるよう伝えることの難しさは、大切な職員研修の機会となりました。今後も外部からの見学者を迎えた時には、中堅職員が説明をして自己研磨の機会になるよう計らっていきたいと思います。

 

④   利用者の安全の確保、健康管理について

年2回の防災訓練を実施しました(地震・火災)。職員の災害時における役割の確認と利用者の防災意識の向上に取り組みました。避難経路の確認や支援者の動きの確認もできたと思います。今後は、年2回の訓練を細かくチェックして防災管理マニュアルに沿った行動が確実に行われるよう体制を整えたいと考えます。

 利用者の健康管理については、年1回の健康診断や施設内におけるインフルエンザの予防接種を実施しました。体調を崩した利用者においては、嘱託医(飛鳥川クリニック)の配慮でスムースに診察を受けることができました。

 

⑤   苦情解決について

平成30年度の施設に寄せられた苦情件数はゼロでした。

 

⑥   活動報告(平成30年4月~平成31年3月

内   容
4月  外出(馬見丘陵公園)
 日帰り旅行(ひらかたパーク)
5月  バーベキュー大会(グループホーム)
 ダンストレーニング始まる
 理事会・評議員会開催
 職員研修(大阪市・自彊館見学)
 夏祭りの準備始まる
 養護学校より実習生の受入
 防災訓練実施
 日帰り旅行(京都太秦映画村)
8月  奈良県による指導監査
 夏祭り
 夏期休暇
9月  奈良・ペルー・プエンテ音楽祭
10月  十市神社秋祭り参加
 中和済生会病院健康福祉祭り参加
11月  職員健康診断
 インフルエンザ予防接種
 グループホーム旅行(長崎ハウステンボス)
12月  利用者健康診断
 クリスマス会・忘年会・仕事納め
1月  仕事始め・初詣
2月  入所説明会開催
3月  平成31年度入所式(桜井市立図書館)

 

⑦    利用者の在籍状況

   事 業 別 平成30年4月1日 平成31年3月31日
施設 生活介護ひだまり      32人      30人
施設 就労B型ひだまり       9人       8人
施設 生活介護あさひの      20人      20人
GH はるひの      13人      13人
GH みんたる       6人       5人
GH さんきら       3人       3人
GH さくらば       4人       4人

 

⑧    市町村別利用者数(施設)

 橿原市  田原本町  高田市  桜井市  郡山市  天理市
  42人   5人   0人   2人   1人   1人

 

 香芝市  葛城市  広陵町  高取町  大淀町 上北山村
   1人   1人   1人   1人   2人   1人

⑧    その他の活動

ア、音楽療法(月1回)
イ、ハイキング
ウ、創作活動(編み物、織物 他)
エ、ダンス
オ、トレーニング(毎日)

 

情報公開

30年度

催し物のお知らせ

・5月18日(金) 17時より
デンマークより
日欧文化交流学院・千葉忠雄氏を迎えて研修会開催
テーマ
「地球上で一番住みやすい国デンマークの福祉について」
 
・5月25日(水) 11時~13時
県庁販売会出店
(奈良県庁東棟1階 県政情報センター前)
販売商品  パン・クッキー・さをり織小物 その他
 

2016.7.27
世界遺産富士山と河口湖温泉への旅 makotoほか―こちらより
 

2016.6.29
東京ディズニーランドへいった! hujii―こちらより
 

2016.6.18
ひだまりの「一番」
-家族会・おやじの会より minoue―こちらより
 

  • ひだまり
  • あさひの
  • グループホーム
Top