法人概要

概要

理念「安心を創る」 私達は、弱い立場の人々が地域社会において自立生活を図る支援を行い、福祉の充実、町づくりの増進に寄与することを目的とします。

所在地 奈良県橿原市十市町122-2
電話番号 0744-24-1515
FAX 0744-24-1151
E-Mail hidamrifureai@nifty.com
理事長 吉田 壽子(よしだ としこ)

定款

役員等名簿

役員報酬規程

事業内容

  • 就労継続B型  ひだまり
  • 生活介護Ⅰ あさひの
  • 生活介護Ⅱ ひだまり
  • グループホーム みんたる
  • グループホーム はるひの
  • グループホーム あららぎ
  • グループホーム さんきら
  • グループホーム さくらば
  • 日中一時支援 ひだまり
  • 短期入所  さくらば
  • 相談支援 ひだまり

沿革

平成6年4月~平成15年3月 無認可福祉作業所としての活動
平成14年 9月 社会福祉法人橿原ふれあいの里福祉会設立、認可
平成15年 4月 知的障害者通所授産施設ひだまり開所 知的・身体障害者ディサービス開所
平成17年 10月 グループホーム「みんたる」開所
平成19年 4月 ディサービス事業が生活介護「あさひの」に移行
平成20年 4月 日中一時支援スタート
平成22年 3月 「知的障害者通所授産施設ひだまり」が多機能型に移行(就労B型・生活介護)
平成22年 8月 清水基金助成金を受けカフェ「ソレアード」誕生
平成24年 6月 クループホーム「はるひの」開設
平成24年 10月 全日本自動車産業労働組合総連合会より送迎用福祉車両(トヨタ・エスティマ)の寄贈を受ける。
平成25年 2月 指定特定相談支援事業スタート
平成26年 6月 グループホーム「あららぎ」開所
平成26年 7月 グループホーム「さんきら」開所
平成28年 3月 作業棟「ぷろっぷ」を新築
平成28年 3月 カフェ「ソレアード」の増築 奈良県産木材使用(平成27年度、公共建築物木造・木質化推進事業における補助金申請)
平成28年 5月 グループホーム「さくらば」開所

 

29年度事業報告

【事業の総括】

平成29年度は、利用者への人権侵害、福祉ニーズへの積極的対応、人材育成、ストレス対策、危機管理意識の徹底等を重点課題として取り組み、施設内、外の研修を増やし、概ね目的を達成できたものと考えています。

しかし、職員の募集は年々、困難を増し、多方面への求人募集を試みても結果につながっていません。次年度は期間雇用としても派遣社員の採用も視野にいれた人員配置が必要になると考えらえらます。

 

①   基本姿勢について

利用者の意向を尊重して、利用者本人が希望する暮らし方への支援を相談支援担当および各部署責任者が窓口になって取組みました。他事業所への体験実習の実施、自立に向けてグループホームの空き室を利用して体験宿泊の実施を行いました。

又、就労支援の分野では、外部での就労体験に積極的に取り組みました。

 

②   職員の資質および支援技術向上のための研修参加について

研修内容 場 所 参加人数
5月 新人職員研修 社会福祉総合センター 2名
7月 発達障害スーパーバイザー養成研修 東京 日本財団   1名
8月 全国グループホーム研修会 福井県   3名
 〃 第40回てんかん基礎講座 大阪 大阪商工会議所   1名
10月 相談支援・就業支援セミナー 新横浜国際ホテル   1名
11月 近畿地区障害関係施設長会議 和歌山市   1名
 〃 強度行動障害支援者養成研修 奈良県産業会館   3名
2月 サービス管理責任者養成研修 奈良県   3名
3月 行動援護従事者養成研修 福祉人材センター(社協)   2名

 

③   地域貢献の取組

地域の秋祭りや施設の夏祭り等のイベントをとおして、交流を図ってきました。施設の夏祭りにおいては、残念ですが例年に比べて29年度は地域の参加者が減少したと感じています。

企画に係わる人材をさらに多方面から増やすことにより、より細やかに地域のニーズが分析されるのではないかと考えられます。施設、法人の持つ機能を活用した地域貢献のあり方を、再度考えて、次年度につなげたいと考えます。

 

④   利用者の安全の確保、健康管理について

施設、グループホームにおいて、定期的に防災訓練を実施し、職員の災害時における役割の確認と利用者の防災意識の向上に取り組みました。

各グループホームにおいては、火災報知機の設置が29年度中に完了しました。

また、11月には、利用者の感染症の予防を徹底させるためにグループホーム職員2名が研修に参加しました。生活習慣として、手洗い、うがい、消毒を徹底するとともに、各洗面所の手拭用のタオルは撤去して、各場所に使い捨てのペーパータオルを設置しました。

 

⑤   苦情解決について

苦情については、1泊旅行の際、職員の対応、ご家族への報告の仕方に認識まちがいがあったことや、送迎等に関しての苦情が3件、施設に対する要望が3件ありました。苦情については、内容と経過を確認した上で迅速に説明を行い、今後の再発防止に向けての検討を行いました。いずれも電話で寄せられた軽微なもので早期解決しました。

 

⑥   行事報告(H29/4~H30/3)

内   容
4月  入所式(リサイクルセンター研修室)
5月  消防設備の点検
 〃  ジェイテクト祭り参加(パンの販売)
6月  個別支援計画の作成
 〃  耳成小学校PTA見学
 〃  避難訓練(グループホーム)
7月  避難訓練(施設)
 〃  介護等体験実習生受入
8月  夏祭り
 〃  夏休み
10月  十市町秋祭り参加
 〃  一泊旅行(白浜方面)
 〃  中和済生会病院健康福祉祭り参加(授産商品の販売)
11月  ノーマライゼーションセミナー開催(桜井市立図書館)
 〃  グループホーム一泊旅行(なばなの里)
 〃  職員健康診断
 〃  利用者健康診断
 〃  インフルエンザ予防接種
12月  クリスマス会・忘年会
 〃  仕事納め(28日) 冬休み
 1月  仕事始め・初詣
 3月  避難訓練(施設)
 〃  避難訓練(グループホーム)

 

⑦    利用者の在籍状況

   事 業 別   平成29年4月   平成30年3月
施設 生活介護ひだまり      32人      32人
施設 就労B型ひだまり       9人       9人
施設 生活介護あさひの      21人      20人
GH はるひの      13人      13人
GH みんたる       7人       6人
GH さんきら       3人       3人
GH さくらば       4人       4人

 

⑧    市町村別利用者数(施設)

 橿原市  田原本町  高田市  桜井市  郡山市  天理市
  43人   6人   2人   2人   1人   1人

 

 香芝市  葛城市  広陵町  高取町  大淀町 上北山村
   1人   1人   1人   1人   1人   1人

催し物のお知らせ

・5月18日(金) 17時より
デンマークより
日欧文化交流学院・千葉忠雄氏を迎えて研修会開催
テーマ
「地球上で一番住みやすい国デンマークの福祉について」
 
・5月25日(水) 11時~13時
県庁販売会出店
(奈良県庁東棟1階 県政情報センター前)
販売商品  パン・クッキー・さをり織小物 その他
 

2016.7.27
世界遺産富士山と河口湖温泉への旅 makotoほか―こちらより
 

2016.6.29
東京ディズニーランドへいった! hujii―こちらより
 

2016.6.18
ひだまりの「一番」
-家族会・おやじの会より minoue―こちらより
 

  • ひだまり
  • あさひの
  • グループホーム
Top